ドメインの設定

【図解】バリューサーバーで運用中のドメインをSSL化する方法

バリューサーバーでドメインをSSL化する方法

バリューサーバーで運営している既存のドメインをSSL化(https://~)する方法です。

http://chomechome.com

https://chomechome.com
で運用したい時の処理となります。

このページはSEOをあまり意識していないので、淡々と図解していきます。

 

バリューサーバーの設定

バリューサーバーにログインしたら、

  1. ドメインの利用
  2. ドメインウェブの設定

をクリック

バリューサーバーSSL化1

 

SSL化前のドメインは「独自ドメインを使ったウエブの設定」の下の欄に記述されています。

バリューサーバーSSL化2

www.chomechome.comというのが入っていますが、これはhttp://www.chomechome.comというURLで入力された時に、wwwがないURL「http://chomechome.com」に転送するための処理です。転送する必要がない人は記述していないと思いますので、chomechome.comだけご覧ください。

 

ドメインをSSL化する場合は、この下にある「SSL用ドメイン(IP:〇〇〇・・・)情報入力」の欄に記入しなければいけません。

バリューサーバーSSL化3

www.〇〇〇は分からない人は気にしないで下さい。chomechome.comの列だけご覧ください。

ここにコピペしましょう。左側のSub20、Sub21は気にせず、最初に空いている欄に記入してください。

 

コピペしたら、最初に入力されていた箇所は削除しておきます。

バリューサーバーSSL化4

ここまでできたらドメイン設定をするをクリック

 

次の画面で無料SSL設定をクリック

バリューサーバーSSL化5

 

無料SSL設定の画面

バリューサーバーSSL化6

 

チェックを入れる

バリューサーバーSSL化7

チェックを入れたら無料SSL設定をクリックして終了です。

 

私の場合は、この後3分くらいでSSL化されましたが、バリューサーバーは何かと遅い時があるので、数時間かかることもあるかもしれません。

https://chomechome.comのURLでサイトが表示されれば完了です。

http://chomechome.comでアクセスしてもhttps://~で表示されるはず。

https://~で表示されるのを確認してから、ワードプレスやシリウスなどの設定をするようにしてください。

https://~で表示される前にワードプレスやシリウスの設定を始めてしまうと、

バリューサーバーSSL化8

SSL化前のURLにアクセスしたユーザーに警告の画面が出ます。もちろんhttps://でも表示されないのでユーザーが離脱してしまうのでご注意ください。

 

ここまでがバリューサーバーでの設定になります。

おしまい。

-ドメインの設定

Copyright© By MANOA | アフィリエイトのメモ帳 , 2020 All Rights Reserved.